toggle

展望

学校教育に於いて、現場教育者や保護者の意見を取りいれ、障害の度合いにより教材を工夫し、通り一遍ではない「理解出来る性教育」「社会性のある性教育」を全ての特別支援学校・学級で行えるようにする


現在の知的障害児に対する個別性教育を見直し、性(生)教育を必要とする児童・生徒すべてに集団での性(生)教育も実施する


保護者には要・不要を事前調査し、性(生)教育の内容を説明の上で、家庭の方針にも配慮する


知的障害児の保護者・教職員・支援員にも、性(生)教育の必要性を学ぶ機会を作り、家庭・教育現場・余暇活動で連携して子供達のフォローをする


 

Pocket